髪色のお話エトセトラ

市販の毛染め剤の色番号は美容室と逆なのです



2012,08,20


ナチュラル株式会社の髪色サンプル「カラーレベルスケール」には、色目の番号がついています。

ナンバー3〜ナンバー15まで13色をご用意しています。

この色番号ですが、美容室向けの毛染め剤の番号に準じた色にしています。


しかし美容室で毛染めする人ばかりではありませんよね!?

自宅で自分で毛染めする場合には色番号に注意が必要です。


自宅で毛染めをされる場合には、一般的にはドラッグストアーなどで毛染め剤を購入されることと思います。

その番号は美容室とは、まったく逆の色番号になっているのが一般的なのです。

つまり、美容室用の毛染め剤は、暗い方から明るい方に向かって3→4→5・・・となっていますが・・・

市販の毛染め剤は、3→4→5・・・というように明るい方から暗い方に向かっていくのです。


会社や学校で決めた色ギリギリに毛染めする場合には、カラーレベルスケールに商品の色目を合わせて確認してから毛染めしたほうが良いでしょう。
過去記事一覧