髪色のお話エトセトラ

毛染めをしないお年寄りが増えています。




2013,08,26


ナチュラル株式会社は、本来はウィッグのメーカーです。

弊社では、お若い方からお年を召したお客様までさまざまな男性女性のお客様に接しています。

その中で感じることは、60歳を超えると、だんだん毛染めをしない人が増えているなあということです。

理由を伺うと、毛染め剤は体に悪いからというお話をされる場合が多いです。


たしかに毛染めをしていると頭蓋骨まで毛染め剤が浸透しているという話を聞くことがあります。

毛染めは体に悪いということで、髪の毛の中に浸透せず髪の表面だけにカラーするヘアマニュキアをする方も多いようです。

ヘアマニュキアの場合には、色落ちも早いので毛染めの回数が増えて手間が増えますが、体にそんなに悪くないという安心感があるようです。


あるいは自然材料を用いたヘナを利用されるお客様も多いようです。

ヘナになると使える色目がけっこう少なくなるのですが、現在ではヘナに割と安全な毛染め剤をプラスして色目を多くしている美容室もあるようです。


毛染めをまったくしないというお客様もいらっしゃいます。

その場合には、古い言葉ですがロマンスグレーのまま自然体で過ごすということになるようです。


過去記事一覧