髪色のお話エトセトラ

求人募集!髪色は常識の範囲内で・・




2013,0902


学習塾の先生の募集を見ていると・・「茶髪OK・・常識の範囲内で」とか「髪色は常識の範囲内で清潔に」というような「条件」が書いてあるものを発見。

募集する方からみると常識の範囲が頭にあるのでしょうけど・・

応募するほうの「常識」は募集するほうとは全然違うかもしれません。


特に募集するほうは高年齢の場合が多く、応募する側は比較的お若い方になるかと思います。

そうなると採用してから、「その茶髪あかるすぎるやろ」とか「全然普通ですよ」なんてもめごとがおこりかねません。


◆髪色規定があります。当社基準の髪色スケールで5#の色目より明るくないこと。

などの髪色基準があったほうが雇うほうも雇われるほうも揉めることがないでしょう。


会社の常識なんて転職したら他社では非常識だったってことはよくあることです。

特に髪色なんて基準になるものさしが販売されているわけですから利用しない手はありません。


自分の頭の中の常識を若者が「世の中の常識」って認めてくれると思うほうが間違いかと思います。


ウィッグメーカーのナチュラル株式会社ではリアルな人毛を毛染めして作成したカラーレベルスケールをご用意しています。

従業員様の髪色基準に採用されてはいかがでしょうか?

過去記事一覧